【グラボ】Vostro 3268 に GeForce GT 1030 を増設

パソコン

まずは結論

Dell スモールデスクトップ Vostro 3268 に、ロープロファイル対応で厚さ14.7mmの、GeForce GT 1030 搭載 GIGABYTE GV-N1030D5-2GLを増設し、動作することを確認しました。

経緯

パソコンがローテーブルの下に収まるとスッキリするかなと思い、数年前にDell のスモールデスクトップパソコン、Vostro 3268を買いました。

元々ゲーム好きですが、ゲームはゲーム機でやるのでパソコンでゲームをやることはない、正確には重たいゲームをやることはないと思ってました。

ところが、最近Epic Gamesが毎週無料でゲームを配布するなど、パソコンゲームを試したくなったものの、オンボードの Intel HD 630 は流石に非力でした。。。Hitman をフルHDでやると、最低画質でも画がカクカク。。。

PCスペック

CPU: Intel Core i5-7400 CPU @ 3.00GHz

RAM: 8.00GB (元のメモリは4GB?)

ストレージ: 元のHDDに加えSSDを増設し、OSはSSDにインストール。

OS: Windows 10 Pro

グラボのサイズ

筐体の横幅が狭いのでロープロファイル対応の必要があります。この時点でグラボの選択肢が大幅に減りました。。。

ロープロファイルで良さそうなのは、GTX 1050 Ti や、GTX 1650。最初はこの辺りを考えていましたが、物理的に入らないことが判明。厚さが2slot分必要なボードばかりで、電源方向に2slot必要で電源に当たってしまうため、1slotサイズのボードでないと入りませんでした。GT 1030なら1slotサイズあり。

PCの電源

PC電源の出力は180W。低っ…

GTX 1050 Ti や GTX 1650 は消費電力が75W。Core i5-7400 は 65W。この時点で計140W。HDD、SSD、RAM、マザーボードも加えると、もう10~20数Wは足さないといけないはずです。

消費電力は電源出力の70%以下(50%以下推奨)に抑えた方が良いようなので、180 × 0.7 = 126Wまでに抑えるべきです。完全にアウトですね。。。

GT 1030 は30Wなので、CPUと合わせると計95W。その他もろもろあるけど、何とか大丈夫だろうと判断しました。

チップの候補

上記の条件で探すと、GT1030、GT710、GT730が候補に上がりましたが、GT710とGT730 は Intel HD 630 より劣るため、チップとしては GT 1030 の一択となりました。チップ性能はこちらで比較しました。

メーカーの候補

ファンレスだと厚くなってサイズオーバーだったので、メーカーとしては4択。

メーカー型番
MSIGT 1030 2G LP OC
玄人志向GF-GT1030-E2GB/LP/D5
GIGABYTEGV-N1030D5-2GL
ZOTACZT-P10300A-10L

ZOTAC はこの時ちょっと高く、MSI は HDMI+DisplayPort だったのでやめました。他のメーカーはHDMI+DVI-D。DisplayPort を必要とする頃にはパソコンを買い替えてるんじゃないかなと。

玄人志向とGIGABYTEの2択になり、玄人志向の方が少し安かったのですが、薄さを採ってGIGABYTEの方に決定しました。

ロープロファイルのブラケットは付属していて、自分で交換しました。

グラボを取り付け

ファンは電源側に付いているため、なんとか空気を取り込むスペースは確保できました。基板が厚くなると、差せても空気を取り込むスペースが狭くなります。

ロープロファイルのブラケットにするとHDMI端子が端に寄ります。コネクタが大きいと、当たって差せないかもしれないので要注意です。

まとめ

結果的にはゲーム向けのGTXタイプを導入できず、ちょっと残念でしたが、電源とか基板についてかなり勉強になりました。

WinSAT のグラフィックスScoreは、6.2から8.1に向上しました。

次にパソコンを買い替えるときは、拡張性も考慮に入れようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました